あなたの言葉が、世界一。

せっかく出会った言葉を、第3のビールの力で忘れないように。

「自分のことはどこか別次元に置く」岩村暢子 家族の勝手でしょ!

「これを契機に、日本人は変わってほしい」
「家族の絆は見直されるに違いない」
などというばかりで、「自分」や「自分の家族」など足元のことは、
どこか別次元に置く

 岩村暢子 家族の勝手でしょ! P.354

家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇

家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇

 

 

震災のあとのインタビューにありがちだったらしいけれど、
主語が「I」から「WE」に変わることで、言葉は説得力をなくして、調査をする側の人間からすると何の収穫もないことになってしまう。

 

本音を語るのは恥ずかしいし、いや、そうはいっても自分のことなんて全然興味ないでしょ、的な引っ込み思案が出てしまう。できれば手の内を見せたくない毎日。