読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの言葉が、世界一。

せっかく読んだ本の言葉を、第3のビールやハイボールと一緒に忘れないように。

「世界童貞」穂村弘×川上未映子 たましいのふたりごと

世界童貞

穂村弘×川上未映子 たましいのふたりごと

たましいのふたりごと (単行本)

たましいのふたりごと (単行本)

 

 どこかに出かけた時、行きの行程の方が時間がかかっているように感じるし、ワクワクする。

帰りの道はどこかで見たような風景の逆回しなので、時間もあっという間。

 

我々は知らないうちに世界童貞を卒業して、惰性的に、スピード感を持って生活を送っている。この童貞は厄介だ。何で何で病にかかった子供と同じ。

 

いつまでたっても童貞みたいなやつもいる。そして、そんな人たちは本当の童貞と違って大切にされるしキラキラとしている。

 

この世をわかったような顔して、斜に構えているような人は素人世界童貞である。

 

大いに馬鹿にしよう。

多分私もそこらへんに位置している。