読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの言葉が、世界一。

せっかく読んだ本の言葉を、第3のビールやハイボールと一緒に忘れないように。

「春日力」 羽田圭介×オードリー若林 switchインタビュー

テレビ

初対面のはずなのに、人間が出てきて15秒で、あっ、こいついじっていいやつなんだと思わせる何か。有るんでしょうね。

羽田圭介×オードリー若林 switchインタビュー

 

 

 ある。これはある。

 

この力を持っているものは、ひとたび人気者になれば、周りの人に愛のこもったいじりを受け、そのいじられている姿もなんともほんわかとして、さらに愛される。

そして、テレビに映るオードリー春日となり、狩野英孝となり、出川ご意見番となる。テレビの中ならね。

 

ただしこの力を持っていながら、他人とのコミュニケーションが苦手だったり、いやそもそも親兄弟以外の他人と話すことさえ無理という具合になると、それは一気に孤立する。

強靭な精神力とウィットに富んだ返しの技術によって、ユーモアのあるキャラになれれば良いが、弄りは連鎖する。なかなかに終わりが見えない。だんだんイライラしてプリプリと怒りたくなる。

 

なんなら、いじっている方も怒り心頭だ。

だって、そんなにいじっていいと顔に書いてあるじゃないか。据え膳食わぬは男の恥とばかりにいじったのに、それを拒むなんてなんたることか。と言った感じ。

なんとまあ勝手な言い分。

でも、それはこの力のなせる技。

 

 私はちょっと欲しい。